{1 - 24} グレーグレー
{25 - 49} 緑
{50 - 499} 青
{500 - 4999} オレンジオレンジ
{5000 - 24999} 赤
{25000+} 黒

不適切なコンテンツをサイト管理者に報告します。宜しいでしょうか。


What are you going to do tomorrow.この文章の「do」の使い方が分かりません

この場合の「do」とは何という品詞で、これを使うことにより文章にどんな変化が起こるのですか?そして、この「do」はどんな時に使えるのですか?回答お願いします。

広告:



メールアラート解除しますか。再設定はできません。


1 回答

まず be going to VでVするつもりだというフレーズです。toのあとに必ず動詞が必要なフレーズです。

例えば
I’m going to text him back later(私は彼にあとで返信するつもりだ)

さらにこのフレーズを疑問詞疑問文にしたのがこの文章です。
What を置くことでtext him back later の代わりになっています。ここで注意しなければならないのはtext him back をwhatに置き換えているため動詞がなくなってしまいます。先述した通りこのフレーズは動詞がないと成り立ちません。

そこで一般動詞のdoを代用することで成り立たせます。

もしdo が無ければ
What are you going to? (あなたはなにをつもりですか?)と不完全な文章になります。

What do you do?
とwhat do you?とは言わないのと同じです。

少しでもお役に立てれば幸いです。

ベスト回答として指定します。宜しいでしょうか。


回答をするには要ログイン

ユーザー登録済み?: ログイン
ユーザー登録されていない方: ユーザー登録

検索