{1 - 24} グレーグレー
{25 - 49} 緑
{50 - 499} 青
{500 - 4999} オレンジオレンジ
{5000 - 24999} 赤
{25000+} 黒

不適切なコンテンツをサイト管理者に報告します。宜しいでしょうか。


イントネーションで意味が違う英語

日本語の「橋」「箸」のようにイントネーションで意味が全く違ってしまう英単語はありますか?

広告:



メールアラート解除しますか。再設定はできません。


3 回答

イントネーションで意味が変わるよりも、一つの文でアクセントをつけるところによって、文の意味が変わることが多いです。
例えば:
He should’t have gotten that job.

HE shouldn’t have gotten that job. ー 彼じゃなくて、他の人がこのがこの仕事を受かるべきだった。

He SHOULDN’T have gotten that job. ー 彼はこの仕事を受かるべきじゃない。

He shouldn’t have GOTTEN that job. ー 彼はこの仕事を簡単すぎに受かった。

He shouldn’t have gotten THAT job. ー 彼はこの仕事ではなく、他の仕事を受けるべきだった。


ベスト回答として指定します。宜しいでしょうか。


不適切なコンテンツをサイト管理者に報告します。宜しいでしょうか。


コメントの違反報告

難しいですね。音声付きのご説明ありがとうございました!

Saegusa1978

同じ綴りでアクセントの位置が違う前提で探してみました。発音は若干違ってしまいますが・・・
subjectは、第一音節にアクセント(sʌ́bdʒikt)があると「科目、教科」という名詞に、第二音節にアクセント(səbdʒékt)があると「支配する、服従させる」という動詞になります。
minuteは第一音節にアクセント(mínɪt)があると「〔時間の〕分、覚え書き」という名詞に、第二音節にアクセント(mɑɪn(j)úːt)があると「極めて小さい、微小な」という形容詞になります。

ベスト回答として指定します。宜しいでしょうか。


不適切なコンテンツをサイト管理者に報告します。宜しいでしょうか。


コメントの違反報告

面白いですね。ありがとうございました。

Saegusa1978

センター試験のアクセントでよく出る、同じスペルで名詞になると第一アクセント、動詞になると第二アクセントと位置が変わるものが有ります。present出席(名)第一アクセント present(動)出席する。という感じです。
一覧表を貼っておきますね

ベスト回答として指定します。宜しいでしょうか。


回答をするには要ログイン

ユーザー登録済み?: ログイン
ユーザー登録されていない方: ユーザー登録

ソーシャルメディアで新規登録・ログイン

Facebook、GmailとTwitterのログインでeigoQAのご利用が可能です。以下のボタンをクリックして下さい。
利用規約及び個人情報保護方針に同意の上、ご登録下さい。

検索