{1 - 24} グレーグレー
{25 - 49} 緑
{50 - 499} 青
{500 - 4999} オレンジオレンジ
{5000 - 24999} 赤
{25000+} 黒

不適切なコンテンツをサイト管理者に報告します。宜しいでしょうか。


2つthatの用法について

“The amazing thing about both people apologizing is that it almost guarantees that neither one will have bad feelings.”

1つ目のthatはどういうものなのでしょうか、
2つ目のthatは接続詞という解釈で大丈夫ですか。

広告:



メールアラート解除しますか。再設定はできません。


1 回答

1つ目のthatは同格もしくは補語の用法だと捉えて良いように感じます。
The amazing things…apologizing =it almost guarantees …bad feelingsが成り立ちます。
That を使うことでthat 以下の文章がthatより前の文章と同じであることを示します。
つまりSV is that S’ V’ です。is that が=の役割を担っているとイメージすると分かりやすいかと思います。
補語の説明で行くならばSVC(C=that S’V’)になります。

2つ目のthatはit … that 構文のthatです。
itが仮主語でthat以下を指します。

ベスト回答として指定します。宜しいでしょうか。


不適切なコンテンツをサイト管理者に報告します。宜しいでしょうか。


コメントの違反報告

解説ありがとうございました!

GoogleUser5

回答をするには要ログイン

ユーザー登録済み?: ログイン
ユーザー登録されていない方: ユーザー登録

検索