{1 - 24} グレーグレー
{25 - 49} 緑
{50 - 499} 青
{500 - 4999} オレンジオレンジ
{5000 - 24999} 赤
{25000+} 黒

不適切なコンテンツをサイト管理者に報告します。宜しいでしょうか。


名詞Chatが可算で使われるときの感覚について

“Let’s have a chat over coffee.”のようにchatの前にaを付ける感覚がわかりません。会話(chat)を1回、2回と数えているようなニュアンスは個人的には感じ取れません。chatは不可算名詞としても使われますが、可算名詞でaを付けて使われる場合の話し手の感覚がわかれば教えてください。

広告:



メールアラート解除しますか。再設定はできません。


1 回答

自分としての感覚は下記です。

Let’s have a chatは、chatの内容が決まっていないからa chatと思います。特定の何か(例:昨日二人が話した件)であれば、the chat〜になるかもしれません。

ベスト回答として指定します。宜しいでしょうか。


回答をするには要ログイン

ユーザー登録済み?: ログイン
ユーザー登録されていない方: ユーザー登録

検索