{1 - 24} グレーグレー
{25 - 49} 緑
{50 - 499} 青
{500 - 4999} オレンジオレンジ
{5000 - 24999} 赤
{25000+} 黒

不適切なコンテンツをサイト管理者に報告します。宜しいでしょうか。


asの用法について

以下の英文のas somehow lackingという部分がどういう構造をしているのか(asの品詞は何なのか、どこをどう修飾しているのか)どなたか教えて頂ければ幸いです。

It is easy to see fine qualities in successful books or to see unpublished drafts or people struggling in any field as somehow lacking.

気になりすぎて夜も眠れないのでよろしくお願いします。

広告:



メールアラート解除しますか。再設定はできません。


1 回答

asだけで考えるより、他の単語との組み合わせでみないといけないと思います。”as”、 “of”、 “to”や “at”等の短い単語は他との組み合わせで意味や機能するため。

このasは、”to see ~ as” でみたらいいと思います。

to see ~ as→ ~を…と見なす、~と見る(考える、思う、判断する、受け止める、とらえる 等)

この文をシンプル化しますと:
It is easy to see ●● as lacking.
(●●をイマイチと見なすのが簡単)

It is easy to see (fine qualities in successful books or to see unpublished drafts or people struggling in any field) as somehow lacking.

成功している本に質の高い要素、うれていない人若しくは出版されない本をなんとなくイマイチ とみなすのが簡単。

上記で説明するように、asは他の単語との組み合わせによって意味や機能が異なるため、品詞として 接続詞、前置詞と副詞になりえますが、

上記の文のasは前置詞と思います。

ベスト回答として指定します。宜しいでしょうか。


不適切なコンテンツをサイト管理者に報告します。宜しいでしょうか。


コメントの違反報告

なるほど!ものすごく腑に落ちました。 本当に助かりました、ありがとうございます。

orochi

回答をするには要ログイン

ユーザー登録済み?: ログイン
ユーザー登録されていない方: ユーザー登録

ソーシャルメディアで新規登録・ログイン

Facebook、GmailとTwitterのログインでeigoQAのご利用が可能です。以下のボタンをクリックして下さい。
利用規約及び個人情報保護方針に同意の上、ご登録下さい。

検索