{1 - 24} グレーグレー
{25 - 49} 緑
{50 - 499} 青
{500 - 4999} オレンジオレンジ
{5000 - 24999} 赤
{25000+} 黒

不適切なコンテンツをサイト管理者に報告します。宜しいでしょうか。


this termに前置詞がないことに対する違和感

次の分について、前置詞がない理由がわかれば教えてください。状況:生徒が英語の授業について感想を言い合っているAre you enjoying your English class this term. ■質問・this termの前に前置詞はつかないのか?・termはここでは「期間、一期」という時間の範囲を表していると個人的に理解しています・時間的な範囲を表現するのであれば、「この期間の間の」の「間の」に相当するinが前置詞として入ってほしいという感覚的なムズムズがあります・termは、homeのような日本人にとってわかりづらい副詞の機能を持つのでしょうか?よろしくお願いします。

広告:



メールアラート解除しますか。再設定はできません。


3 回答

下記のサイトに「時間、距離、数量、様態(姿、形、方法など)を表す一部の名詞では、前置詞を付けずに、そのままで副詞として使います」とあります。これで説明がつくように思いますが、如何でしょうか。

ベスト回答として指定します。宜しいでしょうか。


不適切なコンテンツをサイト管理者に報告します。宜しいでしょうか。


コメントの違反報告

回答ありがとうございます!教えいただいたリンクの内容が該当してそうですね。なんでそんなことになったのか?を探求して、もうちょっと調べてみたいと思います!

Jonath

細かい文法は別として Are you enjoying your English class this term? は自然な文章で、this term(今期)の前にin等要らないです。

ベスト回答として指定します。宜しいでしょうか。


不適切なコンテンツをサイト管理者に報告します。宜しいでしょうか。


コメントの違反報告

「いらない」が自然なんですね!個人的には、前置詞があってもなくても伝わるんだろう、と思ってます。こういう自然な文章で省かれる表現は、その方が言いやすいから、とか無くても伝わるからとか、歴史を持ってそうです(個人的な考えですが)。英語を学習するモチベーションの一つに、そういった歴史や背景を語ってくれるものと出会えると「あぁ、そうなんだぁ」と理論は抜きで興味を持って楽しくなれます。 Tommyさんのおかげで、この疑問にも何か背景がありそうなことがわかったので、焦らずいつかその答えと出会うときを楽しみにしながら、読書を続けていこうと思います。ありがとうございます^_^

Jonath

> なんでそんなことになったのか?を探求して、

かつての英語には名詞にも格変化があり、名詞の目的格が副詞になり得たことの名残らしいです。

ベスト回答として指定します。宜しいでしょうか。


回答をするには要ログイン

ユーザー登録済み?: ログイン
ユーザー登録されていない方: ユーザー登録

ソーシャルメディアで新規登録・ログイン

Facebook、GmailとTwitterのログインでeigoxのご利用が可能です。以下のボタンをクリックして下さい。
利用規約及び個人情報保護方針に同意の上、ご登録下さい。

検索